北海道の任意売却は「任意売却コンシェルジュ」へ|全力でサポートいたします。

任意売却ができない場合

任意売却が出来ない場合は、少なからずあります。

@競売の手続きが進行し、期間入札前で、時間的な猶予がない場合

A連帯債務者・連帯保証人に係る任意売却の承諾が得られない場合

B債権者が競売以外認めない場合、また、後順位抵当権者が応じない場合も不可

C内覧・内件希望者が出ても、部屋の中を見てもらうことができない場合

D税金、マンションの管理費等の滞納額が債権者の許容範囲を超えている場合

E再建築不可の不動産の場合(売却できる可能性はあります)

Fご本人もしくは保証人の本人確認ができない場合

等が代表例としてあげられるところです。 他にも任意売却ができない場合は、ありますがご相談者様の状況により異なります。 お早目のご相談をお待ちしております。

▲ページ上部へ