住宅ローンを滞納しすぎると「競売」になってしまいます!

住宅ローンを2カ月滞納をすると、まず金融支援機構や銀行から、「代位弁済手続き開始の予告」という通知が届きます。

通知の内容は、
「貴殿は現在住宅ローンの支払いを2か月滞納しています。
このまま支払いを滞納して3カ月になると、銀行は保証会社から一括返済を受けるための手続きに入ります。
保証会社は貴殿のマイホームを競売にかけて銀行に返済します。
競売にかけられるのがいやであれば、全額一括返済してください。 」
というようなことを通知してきます。

ここで通知の重要ポイントは、
@このまま滞納を続けるのであれば、ローンを一括での返済をしてもらいます。
A一括返済が無理なら、競売にかけます。
と言ってきているわけです。
その後も、住宅ローンを滞納し、3カ月滞納をしてしまった場合は、 「代位弁済手続き開始」 という通知が送られてきます。

要約すると、 「銀行からの請求を受けて、貴殿のローンを一括返済しました。
そのため、当社に利息をプラスしてローンを速やかに一括で返済してください。返済しない場合は、貴殿の不動産を競売にかけます。」
ここで通知の重要ポイントは、
@今すぐローンを一括返済しないのなら、競売にかけます。
と最終警告をしてきています。

競売になる前ならば、任意売却は可能です。
このように住宅ローンを滞納し続け、3カ月となると、住宅ローンを一括で返済するように求められ、一括返済できないようであれば、マイホームは競売にかけられてしまいます。

【競売とは何か?】競売とは、あなたの意思に関係なく、マイホームを裁判所が強制売却することです。
売却をすることで得るお金は、金額が税金や債権者に支払われるため、手元に残るお金はありません。
また、競売になったからといって、債務が帳消しになるのではない点が注意したい点です。マイホームの売却価格があなたのローンの金額に満たない場合は、その差額が借金となって残ってしまいます。
しかも競売の場合は、普通に売却するよりも2〜3割安い価格で売られてしまうことがほとんどです。
そのため、マイホームを失う上に残りの債務に困ることとなるのです。




▲ページ上部へ

サブメニュー

サブメニュー